サーボモータとは

 

モータとは、電気的なエネルギを機械的な運動エネルギに変換する装置です。モータを分類した一種類がサーボモータです。
サーボモータは、サーボ機構で使用されているモータです。サーボ機構とは、物体の位置、方位、姿勢などを制御量として、
目標値に追従するように自動で動く仕組みのことです。そのため機構を構成するモータ本体は、「モータ(電動機)」や
「油圧モータ」など様々な種類を使用します。

サーボモータの最大の特徴は、制御方式がクローズドループ制御であることです。クローズドループ制御は、
モータドライバ(アンプ)が「センサが取得した動作情報」と「目標値(モーションコントローラの指令)」の誤差を
無くすように動く制御です。この制御によりモータを正確に制御することが可能となります。

 

東阪の技術情報

サーボモータのドライバについては、ODMやOEM/EMSにてご相談を承っております。
お問い合わせ」より、お問い合わせください。