熱電対とは

熱電対とは、2種類の異なる金属線を先端で対にした温度センサーです。

図1 熱電対その1

2つの接点に温度差を与えると電圧が発生します。この現象は1821年にドイツの物理学者トーマス・ゼーベックに
より発見されゼーベック効果と呼ばれています。

図2 熱電対その2

図2の様に片方を開放すれば、電位差(熱起電力)を温度として検出する事が出来ます。
熱起電力は、組み合わせる金属の種類と接点の温度差によって決まり金属の形状や大きさには関係無いため、
この現象を利用して温度検出が出来ない色々な分野に使われています。

熱電対は、高温領域から低温領域で利用されていますが、これは接合する金属の種類で特性が違って来るので用途
(使用温度領域)で使用する種類を使い分けています。

JIS規格(JIS C 1602:2015)では種類は記号で表します。(表1参照)

熱電対と測定機器を接続する際、熱電対を直接測定機器等に接続出来ない場合は「補償導線」を用います。
補償導線とは、使用する熱電対とほぼ同等の熱起電力特性の金属を使用した導線です。
熱電対を測定機器等に直接接続出来ないときは使用する熱電対に対応した補償導線を用意しましょう。
補償導線の代わりに普通の導線を使用するとその接合点で熱起電力が発生し正しい温度測定が出来ない場合があります。

 

東阪電子の技術情報
弊社では熱電対を使用した温度制御を伴う機器等の開発・設計・製造に対応致しますのでお気軽にお問合せ下さい。