デジタルトランスフォーメーション(DX)とは

デジタルトランスフォーメーションとは、「企業がビジネス環境の激しい変化に対応し、データとデジタル技術を
活用して、顧客や社会のニーズを基に、製品やサービス、ビジネスモデルを変革するとともに、業務そのものや、
組織、プロセス、企業文化、風土を変革し、競争上の優位性を確立すること。」※1です。
表現を変えると、デジタルトランスフォーメーションは「ITを活用しビジネスモデルや会社組織を改革していく
事でその目的は「自身の企業の競争優位性を確率していくこと」ではないでしょうか。

DX推進ガイドラインの概要 ※1
※1:経済産業省 DX推進ガイドライン(平成30年12月)

デジタルトランスフォーメーションの一例として、とある有名なネットショッピングのサイトでは
自分がほしい商品を検索すると「一緒に買われている商品」とか「この商品を購入した方はこのような商品も
購入しています」のような関連する商品の説明がでるもおそれです。

色々な産業(分野)において、新しいデジタル技術を利用し今までにないビジネスモデルを展開されつつあります、日本では経済産業省が平成30年(2018年)に「デジタルトランスフォーメーションに向けた研究会」を設置し
デジタルトランスフォーメーションのガイドラインの校正案が提言されています。

東阪電子の技術情報
弊社でもデジタルトランスフォーメーションに取り組みを行い弊社の企業の競争優位性を確率するように
取り組んでいます。