VPN(Virtual Private Network)とは

VPNとは通常のインターネット回線を使用して構築する仮想のプライベートネットワークのことです。
VPNは「Virtual Private Network」の略で日本語に直訳すると仮想専用線の意味です。
例えば、カフェ等に設置されているフリーWifiで公衆インターネットを利用する場合個人情報を盗まれたりデータを改ざんされたりなどのセキュリティー上のリスクがあります。そこで、インターネット上に仮想的な専用線を用意する(VPNを使用する)ことでフリーWiFiに比べセキュリティーリスクを減らし安心なネット環境を構築することが可能となります。近年ではコロナの影響もありVPNの利用が増えていますが、すべてのVPNが安全とは限りませんので注意が必要です。

○VPNの種類
VPNには次の様な種類がありそれぞれに特徴があります。

・インターネットVPN
既存のインターネットの回線を使用して比較的安価で手軽に実現できるVPNです。ただし通信速度や通信品質は利用するインターネット回線に依存すますので大勢での利用には向きません。

・IP-VPN
通信業者が専用に用意している閉域網*1を利用するVPNの事です。閉域網は我々が通常使っているインターネットとは異なり、契約者のみが利用できるネットワークです。閉ざされたネットワークですので安全性が高く通信領域も確保出来ますがその分コストは高くなります。
閉域網*1:限られた利用者のみが利用可能な広域通信網

・エントリーVPN
ADSLなどの安いブロードバンド回線と閉域網を使用したVPNです。エントリーVPNは先程のIP-VPNと似ている構成で安価に導入できる特徴があります。しかし通信帯域の保証が無く、通信速度は遅くなる事があります。

・広域イーサネット
IP-VPNと同様に通信事業者が提供する閉域網を使っていますが、広域イーサネットとはより柔軟なネットワーク環境の構築が出来ます。VPNのみに限らず本社-支店間などの拠点間のネットワークを社内間のように利用するLANの構築が行えます。

東阪電子の技術情報
弊社でもVPNを利用し本社・大阪テクニカルセンター・中国工場 間のネットワークを構築し運用しています。