フォトカプラとは

フォトカプラとは、信号を入力側から出力側へ伝達する時に入力側と出力側を絶縁して信号を伝達する素子の事です。

フォトカプラは信号の入力側は発行ダイオードで、出力側は光に反応するフォトトランジスタから出来ています。信号の伝達を光で行っている為に入力側と出力側を絶縁する事が出来ます。

特徴
・入力側と出力側の絶縁性を高めることが可能。
(絶縁性が高い為、ノイズの影響を受けづらいです。)
・シンプルな構造の為、比較的リーズナブル。
・比較的長寿命

主な用途としては、
・入出力を絶縁したい
・入力と出力で電位差のある回路で信号を伝達したい
・入力のノイズをカットしたい

具体的な例としては医療用電子機器やノイズが大敵の音響機器・通信機器、また、モーターの駆動システムでも利用されております。

東阪電子機器の技術情報

弊社ではフォトカプラを組み込んだ用製品のODMやOEM/EMSにてご相談を承っております。「お問い合わせ」より、お問い合わせください。東阪電子機器ではお客様が求める(開発期間・価格・品質)製品を設計・製造・販売いたします。

モーションコントロール、ODM開発のご相談は東阪電子機器へ

大切にしているのは、お客様とのコミュニケーション。
22業界・1,700機種の開発実績を有する弊社の専門スタッフが、
お客様のお困りごとに直接対応させていただきます。