暗号化とは

・暗号化とは

暗号化とは、デジタルデータ等の内容を他人に解読出来ないように変換することです。

よく皆さんが使われるパソコンを使用する際にログインパスワードを入力しますが、そのパスワードはそのままの文字列でパソコンの内部に保存されていたとすると、そのパソコンからパスワードデータを抜き取られると他人にログインパスワードが漏れることになります。

通常はパスワードデータを暗号化されて意味がわからない文字列の羅列になっています。

※一般的にはパスワードはシステム管理者でもわからないシステムになっています、システム管理者はユーザのパスワードを変更する権限は持っています。皆さんはご自分のパスワードは忘れない様また、他人にわからないように管理しないといけません。パソコンのディスプレイに付箋で貼る様な事は一番いけませんね。

皆さんが使われているメールにはパスワードが設定されているはずです。
メールを送受信する時はこのパスワードが必要ですが、もしお使いのメールシステムが暗号化に対応していないとそのパスワードは入力したままの文字列がインターネットに流れます。もしその途中に悪意を持った物がいればそのパスワードが盗まれてしまいますので、皆さんがお使いのメールシステムを確認されることおすすめします。

・暗号化のしくみ
暗号化の仕組みを簡単に説明すると、もとのデータをあるアルゴリズムで暗号化しその暗号化したデータを相手に渡します。相手はその暗号化されたデータを同じアルゴリズムで復号化することでもとのデータに戻すことで相手はその内容を確認出来ます。

tohan

この様に元データからは意味のわからない「暗号化データ」がインターネットにながれるので元データはわかりません。しかし暗号化・復号化のアルゴリズムが他人に渡ると元データが解ってしまいますのでアルゴリズムの取り扱いには注意しましょう。