マイコンについて

マイコンとはマイクロコンピュータを略した言い方で電気機器などを制御するための小さなコンピュータです。
今ではマイコンは色々な所で使われています。例えば炊飯器を例にとってみましょう。ここではスタートスイッチを押すと炊飯中と表示が出てご飯が炊けたら、炊飯完了と表示がでる構造とします。

tohan-denshi

構成:
入力装置:スタートスイッチ
出力装置:【炊飯中】 【炊飯完了】 の表示 、【炊飯器のヒータ】

動作内容:
スタートスイッチを押すと
・【炊飯中】の表示を点灯
・【炊飯器のヒータ】をON
ご飯が炊けたら
・【炊飯中】の表示を消灯
・【炊飯器のヒータ】をOFF
・【炊飯完了】の表示を点灯

ここでマイコンの役割はスタートスイッチを押した際、「【炊飯中】の表示を点灯」、「【炊飯器のヒータ】をON」やご飯が炊けたら、「【炊飯中】の表示を消灯」、「【炊飯器のヒータ】をOFF」、「【炊飯完了】の表示を点灯」の制御になります。
またこれらの制御動作をプログラムとしてがメモリに格納することもします。
実施の炊飯器はこのような単純な構成ではありませんが、イメージは理解していただけたのではないでしょうか。

東阪電子機器の技術情報

弊社ではマイコンを組み込んだ製品のODMやOEM/EMSにてご相談を承っております。 「お問い合わせ」より、お問い合わせください。東阪電子機器ではお客様が求める(開発期間・価格・品質)製品を設計・製造・販売いたします。

モーションコントロール、ODM開発のご相談は東阪電子機器へ

大切にしているのは、お客様とのコミュニケーション。
22業界・1,700機種の開発実績を有する弊社の専門スタッフが、
お客様のお困りごとに直接対応させていただきます。