通信について 

通信とは「何らの方法によって情報を伝える事」と辞書等には載っています。ここでは一般的な制御に使用される通信の種類について述べていきます。 

■機器間(Machine to Machine)での通信
・RS-232C 
 通信は1:1で昔のPCの標準シリアル通信 
・RS-422 
 通信は基本1:1でRS-232Cの高速・耐ノイズ向上版のようなイメージ 
・RS-485 
 通信は1:Nが可能(ディジーチェーン) 
 半2重(全2重)の差動式(ノイズに強い) 
・USB 
現状PCの標準シリアルで各種の周辺機器との通信に使われています。 
高速通信 

・CAN 
もとは、車載用にドイツのメーカが提唱した規格 

■機器内(基板内)での通信 
・I2C 
1:Nが可能な半二重通信 
以前のコラムで紹介させてもらっています。 
詳細は下記をご覧ください。 
https://tohan-denshi.co.jp/technical-information/1835/ 

・SPI 
1:Nが可能な全二重通信 
こちらも以前のコラムで紹介させてもらっています。
https://tohan-denshi.co.jp/technical-information/5589/ 

東阪電子機器の技術情報

弊社では半導体を組み込んだ製品のODMやOEM/EMSにてご相談を承っております。 「お問い合わせ」より、お問い合わせください。東阪電子機器ではお客様が求める(開発期間・価格・品質)製品を設計・製造・販売いたします

モーションコントロール、ODM開発のご相談は東阪電子機器へ

大切にしているのは、お客様とのコミュニケーション。
22業界・1,700機種の開発実績を有する弊社の専門スタッフが、
お客様のお困りごとに直接対応させていただきます。