ステッピングモータとは

モータとは、電気的なエネルギを機械的な運動エネルギに変換する装置です。
モータを分類した一種類がステッピングモータです。ステッピングモータはパルスモータとも呼ばれており、
パルスで回転の角度や速度を制御することが可能なモータです。そのため、様々な業界の装置に利用されています。

回転の角度は、与えられるパルスの数に応じたステップ角度(1パルスで回転する角度)で動きます。
例えば、ステップ角度が1.8°のステッピングモータに100パルス与えると、180°回転させることができます。
速度は、パルス周波数に比例して変化します。周波数が低いと速度は遅く、高いと速くなります。

そして位置決めは、「パルスの数」と「パルス周波数」で決まるため、センサによるフィードバックが不要となります。
この様な「フィードバックが不要な制御方式」がステッピングモータ最大の特徴であるオープンループ制御です。
また、ステッピングモータは停止しているときにも保持力がありますので、機械的ブレーキに頼らなくても停止位置を保てます。

ステッピングモータの簡易構造図を図1に示します。
この構造の「ロータ(回転子)」、「巻線」、「固定子」によって分類したものを、以下にまとめています。

●ステッピングモータの分類

[ロータ(回転子)による分類]

■VR型・・・回転子に歯車状のものを使用するものです。

■PM型・・・回転子に永久磁石を使用するものです。

■HB型・・・VR型とPM型を複合したものです。

[巻線方式による分類]

■ユニポーラ方式・・・巻線の電流を1方向に流す方式のものです。

■バイポーラ方式・・・巻線の電流を双方向に流す方式のものです。

[固定子による分類]

■2相・・・固定子が2つで構成されるものです。

■3相・・・固定子が3つで構成されるものです。

■5相・・・固定子が5つで構成されるものです。

※図1に示すのは、2相のステッピングモータです。

東阪の技術情報

当社では、2相と5相のステッピングモータのドライバを提供しています。

モーションコントローラ

2相ステッピングモータドライバシリーズ

5相ステッピングモータドライバシリーズ

モーションコントロール、ODM開発のご相談は東阪電子機器へ

大切にしているのは、お客様とのコミュニケーション。
22業界・1,700機種の開発実績を有する弊社の専門スタッフが、
お客様のお困りごとに直接対応させていただきます。